CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
ストロベリーショートケイクス [DVD]
ストロベリーショートケイクス [DVD] (JUGEMレビュー »)

「池脇千鶴さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
ジョゼと虎と魚たち [DVD]
ジョゼと虎と魚たち [DVD] (JUGEMレビュー »)

「池脇千鶴さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
大阪物語 [VHS]
大阪物語 [VHS] (JUGEMレビュー »)

「池脇千鶴さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
花とアリス 特別版 [DVD]
花とアリス 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「岩井俊二さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
スワロウテイル [DVD]
スワロウテイル [DVD] (JUGEMレビュー »)

「岩井俊二さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (JUGEMレビュー »)

「岩井俊二さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
ラブドガン
ラブドガン (JUGEMレビュー »)
永瀬正敏
「岸部一徳さっぽろ映画祭」
RECOMMEND
死の棘
死の棘 (JUGEMレビュー »)
松坂慶子
「岸部一徳さっぽろ映画祭」
RECOMMEND
いつか読書する日
いつか読書する日 (JUGEMレビュー »)

「岸部一徳さっぽろ映画祭」
RECOMMEND
ブエノスアイレス
ブエノスアイレス (JUGEMレビュー »)

「エルプラザ映画祭2007」
RECOMMEND
RECOMMEND
アイデン & ティティ
アイデン & ティティ (JUGEMレビュー »)

「大森南朋さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
ヴァイブレータ スペシャル・エディション
ヴァイブレータ スペシャル・エディション (JUGEMレビュー »)
寺島しのぶ
「大森南朋さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
殺し屋1 特別プレミアム版
殺し屋1 特別プレミアム版 (JUGEMレビュー »)

「大森南朋さっぽろシネマフェスティバル」
RECOMMEND
幸福の鐘 デラックス版
幸福の鐘 デラックス版 (JUGEMレビュー »)
寺島進
「20周年!寺島進さっぽろナイト」
RECOMMEND
空の穴<特別版>
空の穴<特別版> (JUGEMレビュー »)

「20周年!寺島進さっぽろナイト」
RECOMMEND
ソナチネ
ソナチネ (JUGEMレビュー »)
ビートたけし
「20周年!寺島進さっぽろナイト」
MOBILE
qrcode
<< 神様のカルテ | main | ラスト エクソシズム >>
『黄色い星の子供たち』を観ました
0
    第2次大戦中の1942年、フランス政府によって行われたユダヤ人一斉検挙(ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件)。粘り強い取材と綿密な時代考証によって実際の出来事を限りなく事実のままに再現した、骨太の人間ドラマ。(ムービーウォーカーより)

    ユダヤ人かわいそう!
    ナチス最低!

    と思わせるだけの映画ではありません。
    ラスト近く、収容所から脱出した少年が遊園地でメリーゴーランドに乗って楽しむ人々を見つめる眼差しは、
    現代に至るまでの世界の悲劇が、この時代(正確にはもっと以前)からひと繋がりになっていることを感じさせるのに充分だと感じます。

    ユダヤ教徒というだけで、胸に星のマークを付けることを強要され、公園の使用を禁止され、図書館などの公共施設にも入れず、市場での買い物まで出来なくなり、突然拘束されて、殺される。
    これを明日の我が身としてリアルに想像してみることは決して馬鹿げていることではないと思います。

    この受難を乗り越えた少年たちが安住の地を求めて是が非でも国を持ちたかったのは理解できます。
    しかし、虐げられる側だったユダヤ人は、このイスラエル建国により今度は逆にパレスチナ人を迫害。(今も!)
    人は痛みを受けた分だけ優しくなれるなれる。とは限らないのですね。 悲しい哉。 

    一般的にユダヤ人迫害といえばナチスドイツの行為と認識されていると思いますが、この映画でも描かれているとおり、ヨーロッパ各国で行われていました。
    この負い目から、世界はイスラエルに厳しい態度は向けられず、ちょっと飛躍するけれどイスラムとの対立が深まって911テロに繋がったとも言えそうです。
    それからイラク戦争を経て今日があります。

    被害を受けた者は他の誰かを加害する。
    更に復讐が加われば、世界から争いがなくなるなんて不可能なのでしょう。

    世界の如何ともし難さを深く理解したところで、じゃあ自分は何を考えればいいのか。

    この事件で一斉検挙されたのはフランス国籍を持たないユダヤ人1万3千人だそうです。
    計画では2万4千人検挙する筈が、パリの市民が自らのできる範囲で多くのユダヤ人を匿ったことで、1万人以上が助かった。らしい。

    僕は弱い人間なので、大きな暴力の流れの中で意図せず加害者の一部になったとしたら、命を懸けて戦う自信はありません。
    それでも、この一部のパリ市民のように、悪意が蔓延する中でも小さな善意のもとに行動できる準備だけはしておきたい。

    そして、普段からあらゆる差別を嫌悪する。


    『黄色い星の子供たち』は現在シアターキノで公開中です。
    是非ご覧ください★


    スタッフ たぐち
    | たぐち | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://staff.cinema-air.net/trackback/993979
    トラックバック